THE Sakura Blog

Hello. 洋画、料理、猫大好きです。


記事一覧はこちら︎

私の母について

こんばんは、Sakuraです。

 

今日は、ある映画を見たことで、母のことを少し思い出しました。

子供の頃は、怖い母だとは思っていたけど、きっと他の家庭でもそんなものなのかもしれない、と思い込むようにしてました。

 

でも、友達に家であった母のことを話す度に、

お母さん、やばいね!
え、ネタじゃなくて?

と言われてました。

 

結婚した今、母の話を聞かせていた旦那が、実際に私の母に会った時、

言ってたこと、会って分かった気がする

と言われました。

 

それで、やっと「私のお母さんってもしかして毒親に当てはまる?」と思いました。

 

大前提として、毒親の定義はこちら。

毒親(どくおや、英: toxic parents)は、毒になる親の略で、毒と比喩されるような悪影響を子供に及ぼす親子どもが厄介と感じるような親を指す俗的概念である。1989年にスーザン・フォワード(Susan Forward)が作った言葉である。

出典:毒親 - Wikipedia

 

ちなみにこのスーザン・フォワードさんの本、私はめっちゃ勉強になりました。
もし、苦しんでいる人がいたら、一度は呼んでみてほしい。


カウンセラーとしての視点で、助言もたくさん書かれています。

 

別の記事で書きましたが、私の兄はこの世にはいません。

私が10歳の頃に、兄はバイク事故で亡くなりました。

私が7, 8歳の頃に、母と父は離婚をし、母は兄に頼り切っていました。
だから、亡くなった時に本当に悲しそうでした。

 

私も辛かったです。兄のこと好きだったので。。。

 

その後、母は私を頼るようになりました。
父にも頼れず、兄は亡くなり、私しかいなかったからだと思います。

 

当たり前だが、私は兄ではない。
だから、私は兄みたいな返答はできない。
母が期待するような返答ができなかったせいなのか、喧嘩をよくするようになりました。

 

その時に、色々なことを言われました。

 

お前が死んで、兄が生きてればよかったのに!

 

お前なんか死んでまえ!殺したろか!!

 

包丁で追いかけ回されたこともあります。

 

色々なことがありました。
たくさんありすぎて、忘れていることも多いと思うけど、ふとしたシーンや言葉で母のことを思い出すことが多々あります。


また、ブログに小出しにしていこうと思います。

 

今は、連絡取ってませんが、そんなフラッシュバックをした一日でした。

 

今日はゆっくり寝よう。

 

みんな、おやすみなさい zzZ